• 東京で貸し工場を利用する事で得られるメリットとは

    企業が新たな商品を開発するには、それなりに時間と費用を費やす必要があります。
    そして新商品の開発に成功し、その商品を発売するには、商品を生産するための工場を確保しなければなりません。

    その際、新たに自社工場を建設するとなると、かなりのリスクを背負い込む事になるので注意すべきです。特に東京で自社工場を建設するとなると、地価が高いため、膨大な費用が必要となります。

    しかも東京で工場建設に必要な広大な土地を確保した上で、建設するとなると、時間の方もかなり掛かる事になるので、注意すべきです。



    そうなると、新商品を発売するまでに時間が掛かり過ぎてしまう恐れがあります。

    朝日新聞デジタルの様々な情報を掲載しています。

    その結果、ライバル企業が似た様な新商品を先に発売して、需要を奪われるリスクも存在します。


    最悪の場合だと、新商品を発売出来なくなり、開発費や工場の建設費が無駄になる恐れもあるので、注意すべきです。
    だからこそ、新商品の生産のために東京で工場が必要になった際は、貸し工場を利用する事をおすすめします。
    貸し工場であれば、基本的に賃料を支払うだけで済むので、膨大な費用も掛けずに済むというメリットがあります。同時に既に工場自体は完成しているので、時間も掛からず素早く新商品の生産を始める事が可能です。

    更に貸し工場であれば、新商品の売れ行きが鈍化した際も有利だったりします。

    というのも自社工場だと生産がストップした後も、稼働していない工場の維持費を支払い続ける羽目になり、無駄です。
    ですが貸し工場であれば、契約を打ち切れば済むので、余計な維持費を支払う必要もありません。